原発事故、その時僕らは…

原発事故に関する情報記録サイト

Results for tag "科学"

専門家、とは?

ラバ 0 Comments

専門家、とは?

 

2011年5月17日のつぶやきより

『最初からメルトダウンしていたって事は、東電、保安院、テレビの先生たちは「ウソをついていた」「無能だった」のどちらかという事になるよね?どちらにしても今後テレビで偉そうなこと言ったりしてもだれも信用しない。』

情報の操作ぶりは徹底していた。
メルトダウンに言及した中村幸一郎審議官は会見から消え、文官の西山氏に説明させる徹底ぶり。
そしてテレビには相変わらず 専門家 たちが登場し、メルトダウンを否定し、チェルノブイリとは違うと強調し続けた。

テレビの前の僕らは原子力についてほとんど知識を持ち合わせておらず、胡散臭さを感じ取りながらも、 専門家 たちの話に耳を傾けざるを得なかった。

広瀬隆さんがこんな事を言っている。

 

『テレビに出てくる先生たちについての広瀬隆さんの見解。その通りだと思う。 「原発震災を警告もできなかったような人間が、専門家ヅラをして、よくもテレビに出て、恥ずかしくもなく事故の解説ができるものだと、あきれるばかり…」』

まさにその通り。
しかし、僕らにはあまりにも知識が無かった。
事故の解説をシャアシャアとつづける原子力ムラの住人たちの言葉に必死に耳を傾けた事が今となっては滑稽だ。

それでも気づいた人たちは学び始めた。
新聞を変え、講演会に参加し、インターネットで情報を集める。
多くの人たちと出会い、学び、専門家 たちのウソにだまされない知識を身につけた人は増え続ける。
もう騙されてはいけない。
そう、騙される事に対する責任を感じ取らなければならない。
僕らは、未来に対して、責任があるのだから。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

放射能汚染「証明されるべきは、危険?安全?」

ラバ 0 Comments

証明されるべきは、危険?安全?

 

2011年5月16日のつぶやきより

『危険である根拠?何のために?必要なのは安全である根拠じゃないのか? RT @thoton: これを読んで下さい。チェルノブイリの避難基準は5ミリシーベルト t.co/fGNwNHf @ 20ミリシーベルトが危険である根拠ってなんですか?』

 

あなたが道ばたで見つけたキノコ。

有毒が証明されない限り、食べますか?

無毒が証明されない限り、食べませんか?

原発事故以来、Twitterのタイムライン上で度々遭遇した、危険を立証しろ という論理
自分自身を守るため、日本の子供たちを、愛する大切な人たちを守る為に必要な事はどちら?

危険の立証? それとも 安全の立証?

有毒が証明されない限り得体の知れないキノコを食べてしまうような人とは議論にならない。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

食品汚染「生産者の苦しみ」

ラバ 0 Comments

生産者の苦しみ

 

2011年5月15日のつぶやきより

『生産者も苦しんでいる。悔しい気持ちが伝わってくるコメント。RT @rokutousei3: デモに参加した時の茨城の農家の方の演説。「風評被害ではない。政府がこれだけ隠蔽してて、まだ安全だと信じる人間は馬鹿。私は百姓の誇りがあるから売れない。買ってくれなくていい…』

 

生産者の心境を察すると本当にやるせない気持ちになる。
自ら被曝させられ、生活の手段を奪われ、さらには内部被曝拡散の片棒を担がされようとしている。
安全は誰が保証する?
下手くそな隠蔽を繰り返す政府の保証と生産者としての誇り、良心、生活していかなければならないという現実…

はっきりしている事がある。
事故後の基準値は事故前の基準値とは別物。
つまり、
事故後の安全は事故前の安全とは別物
それで胸をはって安全と言い切れる人がいるだろうか。

しかも、生産したものが放射能に汚染されているとしたら、それを生産した人は、生産過程において当然の事ながら被曝している
彼らの健康と、暮らしと、生き甲斐を、一体誰が、どのように補償する、補償出来るというのだろう。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

国家の詐欺「原発止めても電気は足りる!」

ラバ 0 Comments

原発止めても電気は足りる!

 

2011年5月15日のつぶやきより

『原発は必要?電力の30%が原発で作られてると言われるが、発電設備の能力では原発は18%である。また、日本の発電所の年間平均設備利用率は50%以下。原発の停止は電力不足に直結しない。浜岡を停止しても夏のピークにすら停電は起きないはずだ。』

 

原発止まると停電する?
本当かな?

この数字は原発停止が電力不足に直結しないという事を示している。
2013年2月現在、日本中で動いている原発はたったの2基。
関西電力以外は原発を動かしていない。
東京電力も、九州電力も、四国電力も、東北電力も…

で、どこかで停電が?
事故の前、日本中には54基もの商用原発があった。
そして更に新規建設の計画があちらこちらで進んでいた。

そんなに必要だったと思えますか?

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

原発と科学「1秒間に70トンの海水を…」

ラバ 0 Comments

1秒間に70トンの海水を…

 

2011年5月13日のつぶやきより

『原発推進派の欺瞞。CO2は断熱効果が指摘されている。原発は地球を直接加熱!1秒間に70トンの海水を7度も上昇させる!方や悪者、此方エコ?絶対おかしい!』

原発は膨大な熱エネルギーをただ捨てている。
その熱効率はなんとたったの30%だという。
広瀬隆さんが絶賛していたGTCC(ガス・タービン・コンバインド・サイクル)の半分程度ということになる。

膨大な死の灰を生成しながら熱を生み出し、そのうちのわずか1/3を使って湯を沸かし、残りの2/3は海水に捨てている。

100万Kw級の原発1基が排出する熱は僅か1秒間に70トンもの海水を7度も上昇させて海を猛烈に暖めている!

熱放射を遮断して間接的に地球を温めるのが温室効果ガスだとすれば、原発は直接的に地球を温めている。地球環境にとっては迷惑極まりないだろう。

これのどこがエコなんだ?エゴの間違いではないのか?

小出裕章さんの恩師である故水戸巌先生は原発を「発電所と呼ぶな、海暖め機と呼べ」とおっしゃったというが、まさにその通りだろう。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

国家の詐欺「病は気から?その一方で研究材料に…」

ラバ 0 Comments

病は気から?その一方で研究材料に…

 

2011年5月13日のつぶやきより

『病は気からの暴論。RT @moriyukogiin: 今日の部会の資料は酷かった。資料が悪すぎると他の議員も指摘。 100mSvの被曝でもリスクは大したことがないという趣旨の…「心配しすぎてしまうと、かえって心身の不調を起こす」という日本小児心身医学学会などなど。』

タバコをやめたがらない人がこねる屁理屈。
「我慢する方がかえって体に悪いんだ…」
そんな言い訳が頭に浮かんだ。
まるで病は気からとでも言うかのような暴論。

 

『引っ越した人を追跡する仕組みも…という報道がありました。RT @unkoiro: もはや、データ取りのためにわざとやっている…「福島県民全員に協力してもらって何十年にもわたる疫学調査が必要」とても日本で起きていることとは思えないですね。 bit.ly/iyVf8A 』

一方で政府は死神博士・山下俊一を福島に送り込み、疫学調査の名の下に壮大な人体実験の準備を始めた。
人体実験とは言い過ぎか?
いや、人体実験だろう。
なにしろ危険な場所に人を留め置いて経過を調査するというのだから。

なぜ逃がさない?

なぜ?なぜ?なぜ?

 

以下は 氷室隆 @himurotakasi さんのツイート。

『名指しは避けたが、「福島原発事故は放射線被曝研究の世界的なメッカになると喜んでいる研究者たちがいる」と武田邦彦氏。ことし新設された福島県立医大放射線学科、特任教授は長崎大山下俊一氏。人体実験で悪評の米国ABCC人脈の方医研、方影研が疫学調査で全面バックアップ。核戦争のための研究。』

恐ろしいほど腑に落ちる。。

悪魔、死神。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

学者の矛盾「山下俊一の逆ギレ」

ラバ 0 Comments

山下俊一の逆ギレ

 

2011年5月13日のつぶやきより

『死神博士山下俊一逆切れ質問「じゃあ子供たちどこに避難させますか?あなたは?」そういう問題じゃないと思うが。なぜそれをインタビュアーに聞く? http://bit.ly/kb72bX 』

『しつこいようだが、これは絶対許せない。必ず責任を追及されるべき。放射線リスクアドバイザー(?)山下俊一。こいつの安心デマで警戒感を緩められ放射線量の高い公園で子供たちを遊ばせる親たち。http://bit.ly/kb72bX 

 

リンクを踏む事は無駄だ。
とっくに削除されている。

この国では都合の悪い情報は徹底的に隠しまくるらしい。

山下俊一の言葉、「じゃあ子供たちどこに避難させますか?あなたは?」
ここには重大なカギが含まれている。

つまり彼は子供たちを守る為に福島にやってきた訳ではない。
政府の都合を守る為にやってきたのだ。

本来なら、子供たちを守る事を第一に考え、逃がす必要があるならその方法を検討する様に政府に働きかけるのが彼の役割のはずだ。
もしも子供たちを守る為にやってきたのなら。

自分の孫まで引き合いに出して、彼が守ろうとしているのは一体なんなのか?

今からでも遅くはない、山下俊一を信じ、福島県内に留まる決断をした全ての人たちに、もう一度、考えてみる事を促したい。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

原発と科学「ペトカウ効果とホルミシス効果」

ラバ 0 Comments

ペトカウ効果とホルミシス効果

 

2011年5月12日のつぶやきより

『「内部被曝の脅威」ちくま新書 にペトカウ理論が紹介されている。著者は広島で被爆した医師。 RT @mug314: ペトカウ理論か、覚えておこう。 QT @yoshitaka_w: 必読! #genpatsu RT @blackcat009http://bit.ly/lfxyUA 』

 

ペトカウ効果という言葉をご存知だろうか?
ひとことで言うと、
長時間の低線量放射線被曝の方が短時間の高線量放射線被曝に比べ、はるかに生体組織を破壊する」(Wikipediaより)
という事だ。

放射能は身体にいい、という正反対の主張で使われるホルミシス効果という言葉とセットで記憶に留めて欲しい。

この理論に基づけば、何ミリシーベルトだから安全、という主張は全て覆ってしまう。

低線量被曝は身体にいいとするホルミシス効果
低線量被曝は身体に大変危険とするペトカウ効果

どちらを信じるかは人それぞれなのかもしれない。
忘れてはならないのは低線量被曝に関しては諸説があると言う事だ。

ホルミシス効果を信じて低線量被曝は身体にいいと考えるのは自由。
しかし、その結果を刈り取るのは自分自身と自分の愛する人、子供、かけがえのない健康だという事を忘れてはならない。
そして、それを他人に押し付ける事は論外だ。

ペトカウ効果に興味のある方は、広島長崎の被爆者に寄り添い、内部被曝と戦ってきた良心の医師、肥田舜太郎医師の著作 内部被曝の脅威 をぜひご一読されたい。

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

安全基準「もしもスイスだったら…」

ラバ 0 Comments

もしもスイスだったら…

 

2011年5月11日のつぶやきより

『これが当たり前! RT @News_Hyper_News: 【東電原発】もし、「フクシマ」がスイスで起きたら スイス連邦保険局「もしあんな事故が起きても許容される年間放射線量は1mSVだ」5月10日 http://bit.ly/kzbJoT #genpatsu 』

 

基準値が何の為にあるのかを考えると、これが当たり前だと思う。
状況に依って基準が変わるんじゃ、基準とは言えないから。
日本の場合、事故が起きた途端、1mSv → 20mSvに。
その意味をもう一度、考えてみたい。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

子供の被曝「被曝の影響、受けやすいのは…」

ラバ 0 Comments

被曝の影響、受けやすいのは…

 

2011年5月9日のつぶやきより

『被曝の影響をもっとも受けやすいのが男性の生殖線と言われている。染色体の異常が怖ろしい。イラク戦争に従軍した米兵の子供に重篤な奇形児の誕生が報告されている。イラク 米兵 奇形児 でググると沢山出てくる RT@spicy_essence: 原発で若者を働かせるな°・(ノД`)・°・』

 

放射能の影響を受けやすいのは細胞分裂の速度が速い部分だ。
なぜなら、傷ついた細胞が修復される前に分裂してしまうため。
生殖線造血組織胎児がそう。

つまり、早急に打つべき対策は、妊婦や乳幼児の一刻も早い避難だった。
また、将来子供をもうける可能性のある男性も被曝させてはならない。

実際はどうだろう?

妊婦や子供を含む大勢の人たちが、福島県内に留まり、大勢の若者が原発事故現場で収束作業に当たっている!

国の将来は、一体どうなるんだろう?

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…