原発事故、その時僕らは…

原発事故に関する情報記録サイト

Results for tag "玄葉光一郎"

備忘録「政府の詭弁」

ラバ 0 Comments

政府の詭弁

 

2011年5月3日のつぶやきより

『今更だけど、枝野の「引用は控えて下さい。ただし飲んでしまったとしても問題はありません」って発表は難解だったな。水道水の話。』

『小佐古問題ー「枝野長官は…小佐古教授は必ずしも被ばく線量について厳格化論者ではないと強調した」ー東京新聞 小佐古氏の評判落とそうと必死の様ですね。しかし、そんな御用学者の小佐古氏が涙まで流して抗議の辞任した事に国民の関心が集まっているんですが、まだお分かりにならないようで…』

『枝野事務所に説明求めるメールを出しましょう! RT @naagita: 枝野官房長官は会見で、福島の校庭で表土を除去する必要はないと言いながら、除去した表土の扱いは「放射性廃棄物の処理」問題だと名言している。これはもう正気の沙汰とは思えない。政府を信頼することは、もはや「自殺行為』

『枝野の決めゼリフ「ただちには」について、週刊金曜日の臨時増刊p36に解説が… 以下抜粋 → ある外国人ジャーナリストは「ただちにとは、いまの政権が存続している間を指す」と解説していました。』

 

事故後の数ヶ月、テレビでこの人の顔を見なかった日はなかったのではないか。

枝野幸男官房長官(当時)

この人は出てくる度に「”直ちに”影響はありません」と繰り返していたような印象がある。
もっとも後に「7回しか言っていません」と弁明したそうだが、7回数えていたのかと、思わずツッコミを入れたくなった。
僕らはテレビで繰り返し聞かされてきたんだ!
国民を愚弄するのもいい加減にして欲しいと思う。

 

『安心、安全、ひと文字違いですが、 今重要なのは安全です。安全を確保したのち、本当の安心を与えて下さい。と、民心を失いつつある与党の皆さんにお伝え下さい。お願いします。RT @moriyukogiin: 玄葉大臣は私の質問が福島の人々を不安にすると批判しています。』

 

一方こちらは同じ民主党の森ゆうこ参議院議員の弁。
彼女は与党の議員でありながら20mSvの基準値を批判するなど、子供たちの健康を守る立場で国会質問に立ち、容赦ない追及を政府に突き付け続けていた。
それに対して福島県選出の玄葉光一郎大臣は不安を与えると批判したという。

質問が不安?不安を打ち消す政策や、対応はどうした?
政府のすべき事は都合の悪い質問に蓋をする事なんかではないはずだ。

結局、政府のした事は安全の確保ではなく、安心という名のごまかしでしかなかった。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…