原発事故、その時僕らは…

原発事故に関する情報記録サイト

Results for tag "枝野幸男"

子供の被曝「子供を弾よけに使う政治?」

ラバ 0 Comments

子供を弾よけに使う政治?

 

2011年5月15日のつぶやきより

『そういうことはノーマスクで現地入りしてから言ってほしいよ。完全防備の腰ぬけ幹事長さん?ww RT @basilsauce @genpatsu_news 民主・岡田幹事長、現在停止中の原発について「安全基準見直しのうえ運転再開すべき」 dlvr.it/Rm9Fn 』

 

微量です、念のためです、直ちに影響はありません
繰り返された言葉。
しかし、枝野幸男岡田克也、政治家たちの福島入りは物々しいものだった。
今でも探せばでてくるだろうフルアーマーと揶揄された完全防備で一瞬の現地訪問。
そして東京へ帰ってくると「安全です」と記者会見。

 

『結局ゲロするんならハナから隠さなきゃいいのに… RT @bijyu1224: 3月11日18時頃には1号機の炉心は全露出し、炉内温度は2800度』

 

彼らは「安全じゃない」事をよく知っていたのだろう。
こんな危機的な状況が東京電力だけの社外秘になっていたとは思えないから。
原子力安全保安院も、経済産業省も、政府民主党も。

 

『ドン・キホーテ? RT @FlowerySkull: 日本はもう狂っとる @webrebelde @gatemara NHKニュースで、福島の小学生が応援団の学ラン着て「福島は負けない!」みたいな事を体育館で叫んでた。放射能には勝てないんだから、「逃げるが勝ち」で避難させるべき。』

 

しかし、だったらなぜこんな事をさせる?
どうして子供たちだけでも避難させない?
一体この国は誰のため、何のためにあるんだろう?
政治家たちが口にする言葉、国を守る、国防、安全保障…
守られるのは僕ら国民じゃない、子供たちじゃない。
そう思えてくる出来事が続いた。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

備忘録「政府の詭弁」

ラバ 0 Comments

政府の詭弁

 

2011年5月3日のつぶやきより

『今更だけど、枝野の「引用は控えて下さい。ただし飲んでしまったとしても問題はありません」って発表は難解だったな。水道水の話。』

『小佐古問題ー「枝野長官は…小佐古教授は必ずしも被ばく線量について厳格化論者ではないと強調した」ー東京新聞 小佐古氏の評判落とそうと必死の様ですね。しかし、そんな御用学者の小佐古氏が涙まで流して抗議の辞任した事に国民の関心が集まっているんですが、まだお分かりにならないようで…』

『枝野事務所に説明求めるメールを出しましょう! RT @naagita: 枝野官房長官は会見で、福島の校庭で表土を除去する必要はないと言いながら、除去した表土の扱いは「放射性廃棄物の処理」問題だと名言している。これはもう正気の沙汰とは思えない。政府を信頼することは、もはや「自殺行為』

『枝野の決めゼリフ「ただちには」について、週刊金曜日の臨時増刊p36に解説が… 以下抜粋 → ある外国人ジャーナリストは「ただちにとは、いまの政権が存続している間を指す」と解説していました。』

 

事故後の数ヶ月、テレビでこの人の顔を見なかった日はなかったのではないか。

枝野幸男官房長官(当時)

この人は出てくる度に「”直ちに”影響はありません」と繰り返していたような印象がある。
もっとも後に「7回しか言っていません」と弁明したそうだが、7回数えていたのかと、思わずツッコミを入れたくなった。
僕らはテレビで繰り返し聞かされてきたんだ!
国民を愚弄するのもいい加減にして欲しいと思う。

 

『安心、安全、ひと文字違いですが、 今重要なのは安全です。安全を確保したのち、本当の安心を与えて下さい。と、民心を失いつつある与党の皆さんにお伝え下さい。お願いします。RT @moriyukogiin: 玄葉大臣は私の質問が福島の人々を不安にすると批判しています。』

 

一方こちらは同じ民主党の森ゆうこ参議院議員の弁。
彼女は与党の議員でありながら20mSvの基準値を批判するなど、子供たちの健康を守る立場で国会質問に立ち、容赦ない追及を政府に突き付け続けていた。
それに対して福島県選出の玄葉光一郎大臣は不安を与えると批判したという。

質問が不安?不安を打ち消す政策や、対応はどうした?
政府のすべき事は都合の悪い質問に蓋をする事なんかではないはずだ。

結局、政府のした事は安全の確保ではなく、安心という名のごまかしでしかなかった。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

子供の被曝「校庭の土、除去する必要ない? 〜驚きの枝野発言」

ラバ 0 Comments

校庭の土、除去する必要ない? 〜驚きの枝野発言

 

2011年5月2日のつぶやきより

『こんな奴だとは思わなかった。正直な感想。RT @tokaiama@hanayuu【棄民政策】 校庭の土「除去する必要ない」枝野官房長官 http://goo.gl/rQRkR かつて枝野が庶民の味方のような幻想を振りまいたが、彼が何を見て誰の味方なのか正体を示してる。』

 

基準値を超える放射線量が校庭から検出された福島・郡山市の学校が、独自の判断で校庭の表面の土を削っていることについての枝野幸男官房長官(当時)の発言。
文科省の指針に基づけば、除去する必要はない」
枝野氏の事故対応からは保身ばかりが伝わってきた。
彼が福島の人たち、放射能汚染地域に取り残されている子供たちを気遣っている気配などまったく感じなかったのはおそらく僕だけじゃないだろう。
事故後に彼が完全防備で福島入りし、ものの10分で逃げ帰ってきた様子をネット上では「フルアーマー」と呼んで揶揄していた。
なぜこんな人物が断罪される事もなく、未だに国会議員の立場を得ているのか理解出来ない。

念のため、魚拓を取った。 ☞ 枝野発言の魚拓

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

政府は子供を守らない 2011-04-23

ラバ 0 Comments

政府は子供を守らない

 

2011年4月23日のつぶやきより

『ちなみにチェルノブイリの強制移住は2.0μSv/h 日本の子供は放射線に強い?訳ない! RT @norimaki30: 福島県内の保育園、幼稚園や小中学校。1時間あたり3.8マイクロシーベルト。普通私たちは0.05マイクロシーベルト、その80倍。RT @datugennohi』

『原発で電力を得るのは「孫子のツケで飲み食いする」のに似てる。電力は自分がもらい。廃棄物は子孫に回し。廃棄物だらけになった地球に生まれる子孫に申し訳が立たない。』

『これこそ風評被害。「教育」が求められる! RT @thoton: 【速報】福島からの避難児童、いじめで入院 同級生に殴られ、授業中に嘔吐 新潟県 http://bit.ly/8kDwRh #niigata #fukushima #genpatsu #jishin 』

『国際条約「児童の権利に関する条約」の第3条に「児童に関するすべての措置をとるに当たっては、公的若しくは私的な社会福祉施設、裁判所、行政当局又は立法機関のいずれによって行われるものであっても、児童の最善の利益が主として考慮されるものとする。」とあります。国際社会が判断するでしょう。』

『子供への押し付け、許せません。 RT @yurimakko: 署名しました! @hamemen 子ども安全基準20ミリシーベルトの撤回を求める署名が始まったそうです。一次締め切りは25日月曜日 http://p.tl/lLzY #childF #nuclearJP』

『高雄さん、秋元さん 有難うございました。RT @thoton: 【拡散希望】独高級誌シュピーゲルが発表した「日本は子どもに対して高い放射線値を確定した」と題する論説記事です。 http://tl.gd/a1bk9a 日本国民必読。高雄綾子先生 @takaoayako に翻訳して頂 』

『これはウソだったって事?枝野氏「家族も水道水を飲む」 http://bit.ly/hXCfts RT @shinshindppp: RT @tktk6066 @club_tease 枝野官房長官の家族シンガポールに避難してるそうです。シンガポールにいる知り合いが確認』

 

この日の一連のツイートは子供に関する問題ばかり。
それぞれのツイートにひとことづつコメントを付ける。

チェルノブイリでは強制移住の対象となったレベルの汚染地域で子供たちが体育の授業を受けているのはなぜ?

今の大人たちの決定が、子々孫々にツケを残す事になる事を恥と思わないのはなぜ?

大人の身勝手が生んだ災害で生活を壊され避難中の子供が避難先でさらに被害にあわなきゃならないのはなぜ?

国際条約「児童の権利に関する条約」を堂々と反故にしている国家が非難されないのはなぜ?

子供に20mSv/yというとんでもない被曝を押し付ける決定は一体誰がしたのか?

ドイツの雑誌シュピーゲルの記事を高雄綾子先生が和訳して下さいました。

枝野幸男官房長官(当時)の子供はシンガポールに避難?それでも僕は当時、そうであって欲しいとさえ願った。理不尽極まりないけれど、それで一人の子供が救われるならば…
子供を守らない政府、その責任者の一人、枝野幸男、決して忘れてはいけない名前。裁かれる時がきっと訪れるだろう。

 

〜 原発事故 その時、僕らは…

小出裕章さんの良心と政府の無責任 2011-04-06

ラバ 0 Comments

小出裕章さんの良心と政府の無責任

 

2011年4月6日のつぶやきより

『読みましょう。 そして全てがはっきりした時、もう一度よく考えましょう。 国民に対する欺きを決して許してはいけません。 http://t.co/Pjv55c3

『この国は国民を守るつもりはなさそうです。 退避勧告、屋内退避はともかく、自主避難って何ですか? 自分の責任で逃げたければどうぞって事ですか?』

 

学者の発言と、政治家の発言

上のつぶやきは「小出裕章の正論と警告 – 知識人の良心と不遇の30年」という題でまとめられた小出裕章さんに関するブログの記事。

一方、下のつぶやきは枝野官房長官(当時)の発表をテレビで聞いて腹が立ってつぶやいた言葉。

安全を喧伝して、札束で人心を買収して強引に進めてきた原子力政策。事故が起こったら、政府の責任ではなく、自主避難、つまり自己責任で考えろというのはあまりにも冷たい仕打ち、無責任な態度では無いだろうか。

 

〜 原発事故 その時、僕らは…

 

小出裕章さんの著書はどれもお薦めだが、僕が最初に読んだ、そして強い感銘を受けた本を紹介する。
この本は是非多くの人に読んでもらいたい。
放射能汚染の現実を超えて

 

こちらは子供にも分かりやすい、親子で学べる本。
原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし
子どもたちに伝えたい―― 原発が許されない理由

こちらは中学生向け。
日本のエネルギー、これからどうすればいいの? (中学生の質問箱)

事故後の2011年5月23日の国会での意見陳述。
他に後藤政志、石橋克彦、孫正義の各氏が収録されている。
意見陳述――2011年5月23日参議院行政監視委員会会議録

こちらは講演会のDVD。
穏やかな語り口の中に強く伝わってくる思いと愛情…
小出裕章さんの講演は是非一度お聴きになる事をお薦めしたい。
小出裕章講演会 原発はいらない! [DVD]

他にも多くの著書がある。
読んで応援したい。
小出裕章 原発と憲法9条
「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場
原発はいらない
原発・放射能 子どもが危ない
知りたくないけれど、知っておかねばならない 原発の真実
原発のウソ
騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実
原発ゼロ世界へ―ぜんぶなくす―
いのちか原発か
小出裕章が答える原発と放射能
原発のない世界へ
福島原発事故―原発を今後どうすべきか
小出裕章 核=原子力のこれから —生まれ故郷で語る
小出裕章 矢ヶ崎克馬 3・11原発事故を語る (書きおろし・内部被曝の危険(矢ヶ崎克馬))
原発のないふるさとを
浜岡原発の危険! 住民の訴え

爆発的事象 2011-03-12

ラバ 0 Comments

爆発的事象

 

2011年3月12日のつぶやきより
『言い訳が下手だねえ…なんか出てくる情報が不自然過ぎ。爆発って言葉を使いたがらないのは相撲協会に似てる。”爆発的事象” ≒ ”無気力相撲”』

 

これは政治家の発言を聞いてのつぶやきだが、具体的にどんなニュースを聞いてのつぶやきだったのか、今では解らない。しかし、当時の僕は原発について殆ど知識もなく、テレビのニュースへの不信感も持ってはいなかった。なにしろ家にいる間はテレビを付けっぱなしにして、固唾をのんで成り行きを見守っていたくらいだから。

無気力相撲とは八百長(?)を指して相撲協会が使う言葉だ。
誰が見ても八百長に見える相撲を、八百長と認めて呼称することを嫌う相撲協会が言い替えて使う、ズルい言葉だ。

爆発的事象というのは枝野官房長官(当時)が記者会見で使った言葉。テレビでは1号機の爆発が繰り返し放送される中、爆発を「爆発的事象」と言い換えるあざとさ。

彼に限らず政治家の発言には疑問符のつくものが多く、芽生えた不信が確信に変わるまで、そう多くの時間は必要としなかった。

〜 原発事故 その時、僕らは…