原発事故、その時僕らは…

原発事故に関する情報記録サイト

Results for tag "情報操作"

子供の被曝「子供を弾よけに使う政治?」

ラバ 0 Comments

子供を弾よけに使う政治?

 

2011年5月15日のつぶやきより

『そういうことはノーマスクで現地入りしてから言ってほしいよ。完全防備の腰ぬけ幹事長さん?ww RT @basilsauce @genpatsu_news 民主・岡田幹事長、現在停止中の原発について「安全基準見直しのうえ運転再開すべき」 dlvr.it/Rm9Fn 』

 

微量です、念のためです、直ちに影響はありません
繰り返された言葉。
しかし、枝野幸男岡田克也、政治家たちの福島入りは物々しいものだった。
今でも探せばでてくるだろうフルアーマーと揶揄された完全防備で一瞬の現地訪問。
そして東京へ帰ってくると「安全です」と記者会見。

 

『結局ゲロするんならハナから隠さなきゃいいのに… RT @bijyu1224: 3月11日18時頃には1号機の炉心は全露出し、炉内温度は2800度』

 

彼らは「安全じゃない」事をよく知っていたのだろう。
こんな危機的な状況が東京電力だけの社外秘になっていたとは思えないから。
原子力安全保安院も、経済産業省も、政府民主党も。

 

『ドン・キホーテ? RT @FlowerySkull: 日本はもう狂っとる @webrebelde @gatemara NHKニュースで、福島の小学生が応援団の学ラン着て「福島は負けない!」みたいな事を体育館で叫んでた。放射能には勝てないんだから、「逃げるが勝ち」で避難させるべき。』

 

しかし、だったらなぜこんな事をさせる?
どうして子供たちだけでも避難させない?
一体この国は誰のため、何のためにあるんだろう?
政治家たちが口にする言葉、国を守る、国防、安全保障…
守られるのは僕ら国民じゃない、子供たちじゃない。
そう思えてくる出来事が続いた。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

安全デマ「放射能は身体にいい?」

ラバ 0 Comments

放射能は身体にいい?

 

2011年5月8日のつぶやきより

『こういう危険なデマを垂れ流す「朝日新聞」も同行させてください。 RT@satoshithem: 加納時男を原子炉へ! RT @LOVEEARTHONLY: 孫さん 東電顧問の発言に驚愕か!東電顧問低線量放射線は体にいいhttp://t.co/JvQHWM9 』

リンク先は孫正義氏の話題なのだが、その話題の元となったのは元自民党参議院議員にして、原子力ムラの住人、加納時男氏の発言。
曰く「低線量放射線、体にいい
この発言は波紋を呼んだ。
そしてそれを”子供の日”の朝刊に掲載した朝日新聞

人は利権の為にここまで堕ちる事ができるんだろうか?

新聞社はカネ儲けの為にここまで良心を捨てられるんだろうか?

タチの悪いブラックジョークにしか思えない、この新聞記事を読んで、僕は長年購読してきた朝日新聞を解約した。

 

この加納時男氏の発言については、ご本人ではなく全く別の方から、苦しすぎる言い訳のツイートが投じられたので、紹介しておく。
解説は不要だろう。

『ガン治療で内部被曝はしないでしょ?それに放射線療法はガンを退治するための非常手段であって無目的に使ったりしませんよね? RT @masason: 放射線治療と原発事故放射線は、本質的に別物。 RT @morino_su: “低用量の放射線は体にいい”とは放射線治療のことですよ。』

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

情報統制「原発事故は初めてじゃない!」

ラバ 0 Comments

原発事故は初めてじゃない!

 

2011年5月5日のつぶやきより

『中越沖地震の時に柏崎刈羽で大事故が起こり、この時も「想定外」という言葉が使われた事を忘れてはいけない。うやむやにされてしまった裏側にはどんな事が起こっていたか改めて調べてみるべきだ。本も沢山出ているし、NHKスペシャルでも取り上げられた。 http://bit.ly/ihcwR4 』

『東電の詭弁:柏崎刈羽事故の時、東電は「外部への放射能の影響はない」と説明したが海に汚染水を垂れ流している事が判明、すると「外部への放射能漏れがないといったのは大気中へは漏れていないという意味」という趣旨のコメントを発表。広大な海はすべて原発の敷地と考えているらしい。』

 

日本の原発は安全です!
そう教えられてきた。
原発事故の発生など、あまり意識してこなかった。
だけど今までも原発は事故を起こしてきたし、放射能は漏れ続けてきた。

今回、大爆発を起こして、ついに隠しきれなくなった、それだけのことだったらしい。
リンクの先はNHKスペシャル。
2007年の中越沖地震の際に、柏崎刈羽原発で発生した原発事故、それは国民が知らされていたような軽微なものではなく、深刻なものだった。

下のツイートの東京電力の詭弁を見て欲しい。
国民はこの手でずっと騙されてきた。

もう騙されないぞ! と、強く意識する必要があるだろう。

日本人はお人好し(バカ)だから。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

安全デマ「安心教布教活動 山下俊一 in二本松」

ラバ 0 Comments

安心教布教活動 山下俊一 in二本松

 

2011年5月4日のつぶやきより

『山下俊一矛盾しまくりのありがた~いお話。晩発性の放射線障害を心配する聴衆には「将来の事は神様しか分かりません」、「皆さんは国民なんだから国の指針に従いなさい」、「広島長崎でもみんな頑張りました」-山下俊一の講演 in 二本松 http://bit.ly/kj8Etl 』

 

説明不要だろう。
この動画は今のところ、まだある。

この動画を観て、山下俊一の正体 を見極めて欲しい。

既に観た方も、忘れない為にももう一度、観ておく事をお薦めしたい。

この講演会が開かれたのは福島県二本松市
中通りと呼ばれる地域で、放射性物質の通り道となり、汚染が心配される地域だ。

後にこの講演会を主催した 二本松市の三保恵一市長が主催者として責任を感じると訴える動画 もYouTubeにアップされた。
こちらも是非ご覧頂きたい。

福島県放射線健康リスク管理アドバイザー 山下俊一
福島県二本松市市長 三保恵一

二人の話をじっくり聞き比べて判断したい。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

備忘録「政府の詭弁」

ラバ 0 Comments

政府の詭弁

 

2011年5月3日のつぶやきより

『今更だけど、枝野の「引用は控えて下さい。ただし飲んでしまったとしても問題はありません」って発表は難解だったな。水道水の話。』

『小佐古問題ー「枝野長官は…小佐古教授は必ずしも被ばく線量について厳格化論者ではないと強調した」ー東京新聞 小佐古氏の評判落とそうと必死の様ですね。しかし、そんな御用学者の小佐古氏が涙まで流して抗議の辞任した事に国民の関心が集まっているんですが、まだお分かりにならないようで…』

『枝野事務所に説明求めるメールを出しましょう! RT @naagita: 枝野官房長官は会見で、福島の校庭で表土を除去する必要はないと言いながら、除去した表土の扱いは「放射性廃棄物の処理」問題だと名言している。これはもう正気の沙汰とは思えない。政府を信頼することは、もはや「自殺行為』

『枝野の決めゼリフ「ただちには」について、週刊金曜日の臨時増刊p36に解説が… 以下抜粋 → ある外国人ジャーナリストは「ただちにとは、いまの政権が存続している間を指す」と解説していました。』

 

事故後の数ヶ月、テレビでこの人の顔を見なかった日はなかったのではないか。

枝野幸男官房長官(当時)

この人は出てくる度に「”直ちに”影響はありません」と繰り返していたような印象がある。
もっとも後に「7回しか言っていません」と弁明したそうだが、7回数えていたのかと、思わずツッコミを入れたくなった。
僕らはテレビで繰り返し聞かされてきたんだ!
国民を愚弄するのもいい加減にして欲しいと思う。

 

『安心、安全、ひと文字違いですが、 今重要なのは安全です。安全を確保したのち、本当の安心を与えて下さい。と、民心を失いつつある与党の皆さんにお伝え下さい。お願いします。RT @moriyukogiin: 玄葉大臣は私の質問が福島の人々を不安にすると批判しています。』

 

一方こちらは同じ民主党の森ゆうこ参議院議員の弁。
彼女は与党の議員でありながら20mSvの基準値を批判するなど、子供たちの健康を守る立場で国会質問に立ち、容赦ない追及を政府に突き付け続けていた。
それに対して福島県選出の玄葉光一郎大臣は不安を与えると批判したという。

質問が不安?不安を打ち消す政策や、対応はどうした?
政府のすべき事は都合の悪い質問に蓋をする事なんかではないはずだ。

結局、政府のした事は安全の確保ではなく、安心という名のごまかしでしかなかった。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

0.5%のガン死は問題ないのか?! 2011-04-24

ラバ 0 Comments

0.5%のガン死は問題ないのか?!

 

2011年4月24日のつぶやきより

『【新聞記事】 武田邦彦先生のブログに出てくる新聞記事、どこの新聞かご存知ですか? 「日本人の3分の1がガンで死ぬ(33%)。それに比べると100ミリ被ばくしても0.5%にしか過ぎない」 http://bit.ly/eBjisb 』

 

恐ろしい事に、絶対安全を標榜してきた日本の原発が爆発事故を起こした途端、今度は漏れ出た放射能が安全だとでも言うような報道のされ方が目立ってきた。リンク先は武田邦彦氏のブログだが、こんな一文がある。

「ガンで死ぬ人の3割がタバコだから、放射線はタバコより安全だ」という文章が出てくる。これもビックリした.」

武田先生はブログの中でこの理屈を論破しておられるが、そもそも「より危険なもの」をあげつらってまで「放射能は安全」と強弁したがるのはなぜなのか?

チェルノブイリ原発事故のときは、放射能の安全性など論じる学者もメディアもいなかったではないか。

 

〜 原発事故 その時、僕らは…

野菜は洗う?煮る? 2011-04-20

ラバ 0 Comments

野菜は洗う?煮る?

 

2011年4月20日のつぶやきより

『野菜は「洗う」「煮る」で汚染低減...と、言っているけど、実験データに基づいているのかな?どこにも実験結果が出てないけど。それに、20年くらい前の小出裕章先生の講演の中で、実験してみたけどあまり効果がなかったという話があったぞ! http://bit.ly/ggFrLd 』

 

農作物への放射能汚染が隠しきれなくなる中で、国民は様々な気休めを聞かされてきた。
中には有用な情報もあったかもしれない。しかしその多くは少し考えれば矛盾を感じざるを得ないようなお粗末な内容だった。

つぶやきに出てくる時事通信の記事、4ページに渡る記事の1ページ目の見出しはこうだ。
『野菜は「洗う」「煮る」で汚染低減」』
まずこの真偽のほどだが、1988年の小出裕章さんの講演の中で、当時チェルノブイリ原発事故の影響が不安視される中、野菜の汚染除去の実験結果が語られている。その結果は、ほとんど効果を期待出来ないと言うものだった。
そもそも家庭の主婦なら誰でも気づく事だろうが、野菜は洗って、煮て、煮汁を捨てて、栄養の出がらしみたいな加工をして食べるものじゃない。椎茸なんか戻し汁を出汁に使うじゃないか!
この矛盾に満ちた気休めも、国民の危機意識を緩める目的報道された情報操作なのではないだろうか。

記事の2ページ目は水道水の汚染に関する問題だが、そこにはこんなふざけた意見が出てくる。
発言者は学習院大学の村松康行教授
曰く『基準値を超えたものは当然、注意すべきだが、毎日飲みすぎるなどしなければ大丈夫』
水道水を?飲み過ぎるな?
人体の70%は水で構成されている。我々はいつから水の飲み過ぎを注意しながら生活するようになったんだ?
こういうふざけた見解が堂々と語られるあたりに、原発事故が明らかにした日本人の騙されやすさを垣間見る事が出来ると感じた。

続いて記事の3ページ目、ここにも腹の立つウソが書かれている。
『放射性物質は牛乳などでも検出されたが、いずれの食料品も飲料も、長く食べ続けなければ健康に影響はない。』
長く食べ続けなきゃってなんだよ!
日常食べるものから検出されているんだ。
人間にとって食事は毎日の事。一度食べたらしばらく食べないって大蛇じゃあるまいし、長く食べ続けなきゃならない日常食から汚染が発見されてるんだよ!

続いてこうある。
『これまでは早期に汚染が発見され、速やかに出荷停止などの措置が取られていることから、「知らずに食べ続けてしまう」危険は小さい。』
こういう記事を読み、安心して子供たちに食事を与えつづけたお母さんたちになんと言葉をかけるのか?
福島だけじゃない、日本中あちこちの子供たちの尿から放射性セシウムが検出されている事実を重く受け止めて欲しい。

食品衛生法に基づく暫定規制値を上回る(最も高いものでは27倍放射性ヨウ素が検出されるホウレンソウについて「避けられるなら避けるべきだが、リスクとしては低い」などとふざけた発言をした大分県立看護科学大学・甲斐倫明教授の名前も記憶に刻みたい。

最後の4ページ目には安心教教祖悪魔・山下俊一長崎大学教授の『必要以上に怖がらないで』との話が出ている。
僕らが恐怖するのは放射能よりも放射能を持って国民を追い回す山下俊一の方なのだが…

 

〜 原発事故 その時、僕らは…

 

 

※つぶやき中のリンクは時事ドットコムのページだが、いつ削除されるか分からないのでスクリーンショットを取った。
リンク切れの際は下記を参照されたい。 ☟

放射性物質、農作物や水への影響は?-01

放射性物質、農作物や水への影響は?-02

放射性物質、農作物や水への影響は?-03

放射性物質、農作物や水への影響は?-04

 

地方に犠牲を押し付ける「差別」だとして、原発に反対し続けた良心と信念の科学者、小出裕章さんの著書はどれもお薦めだが、僕が最初に読んだ、そして強い感銘を受けた本を紹介する。
この本は是非多くの人に読んでもらいたい。
放射能汚染の現実を超えて

 

こちらは子供にも分かりやすい、親子で学べる本。
原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし
子どもたちに伝えたい―― 原発が許されない理由

こちらは中学生向け。
日本のエネルギー、これからどうすればいいの? (中学生の質問箱)

事故後の2011年5月23日の国会での意見陳述。
他に後藤政志、石橋克彦、孫正義の各氏が収録されている。
意見陳述――2011年5月23日参議院行政監視委員会会議録

こちらは講演会のDVD。
穏やかな語り口の中に強く伝わってくる思いと愛情…
小出裕章さんの講演は是非一度お聴きになる事をお薦めしたい。
小出裕章講演会 原発はいらない! [DVD]

他にも多くの著書がある。
読んで応援したい。
小出裕章 原発と憲法9条
「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場
原発はいらない
原発・放射能 子どもが危ない
知りたくないけれど、知っておかねばならない 原発の真実
原発のウソ
騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実
原発ゼロ世界へ―ぜんぶなくす―
いのちか原発か
小出裕章が答える原発と放射能
原発のない世界へ
福島原発事故―原発を今後どうすべきか
小出裕章 核=原子力のこれから —生まれ故郷で語る
小出裕章 矢ヶ崎克馬 3・11原発事故を語る (書きおろし・内部被曝の危険(矢ヶ崎克馬))
原発のないふるさとを
浜岡原発の危険! 住民の訴え

除染と汚染の矛盾 2011-04-20

ラバ 0 Comments

除染と汚染の矛盾

 

2011年4月20日のつぶやきより

『この国は今、ウソと誤魔化しが横行しているのではないか?農地の放射能汚染の計り方。地面から15cm下を測っていると言う。一方で、除染対策として、表層5cm程度を除去する必要があると言う記述を見かける。違和感を感じてしまう。』

 

考えてみればすぐに分かるはずだ。
表層5cm程度を除去する事で除染が出来ると報じられる一方、農地の汚染状況の計測は地表から15cm掘った下を測っているというのだ。

前者が正しければ、農地の計測方法は間違っている事になるし、後者が正しければ、農地の汚染が明らかになっている以上15cm掘った場所にも汚染が確認されている、つまり5cmの表層除去などでは除染は不十分だと言う事になる。

そもそも当たり前の事だが、除染が必要だという事は汚染されているという事だ。
汚染された事に住民は何の責任も落ち度もない。
汚染された場所から住民を避難させ、責任のある政府・東電が除染をした上で住民を戻す。
これがスジではないか?
しかし、実際には汚染された場所に住民は放置され、あろうことか住民自身が除染の為に被曝労働を強要されている。
こんなおかしな話があるだろうか?

原発事故を巡る様々な報道政府見解専門家の意見、それらには素人でも少し考えれば違和感を禁じ得ない矛盾がつきまとっていた。

命が、子供たちの将来が、多くの人の人生がかかっていると言うのに!

 

〜 原発事故 その時、僕らは…

中村幸一郎審議官の”更迭” 2011-04-19

ラバ 0 Comments

中村幸一郎審議官の”更迭”

2011年4月19日のつぶやきより
『福島原発が政府による人災と疑われる理由の一つ、初動ミス。中村幸一郎審議官の更迭。皆さんどう思われますか? http://bit.ly/fHrXcF (☞ 魚拓)』

 

3月の段階で炉心溶融(メルトダウン)を認める発言をした原子力安全保安院の中村幸一郎審議官が会見から外された。これについては枝野幸男官房長官(当時)が「国民に不安を与えた」と問題視したためと報じられている。

何れにしても、当初、事故を過小評価しようとし、避難区域も広げなかったために避ける事が出来たはずの大量の被曝を大勢の住民に強いる事になった責任を一体誰が取ったと言うのだろう?

 

〜 原発事故 その時、僕らは…

報道の偏り なぜ御用学者だけが登場? 2011-04-16

ラバ 0 Comments

報道の偏り なぜ御用学者だけが登場?

 

2011年4月16日のつぶやきより

『私が報道機関に対して疑問に思うこと。 原発推進派の御用学者だけに解説させているのはどう考えてもおかしい。 推進派vs反対派の論争は「事故の危険がない」vs「事故の危険がある」の図式。推進派に事故への対処の知恵を求めるのはなぜか?だって彼らの想定外の事態なんでしょ?』

『続き… 危険を訴えてきた人たちこそ、事故を想定して前提に研究してきたんだから、彼らの話を聞くべきでしょ? それとも、「ペンは剣より強いが、スポンサーには弱い」ってこと? 報道のプロとして恥ずかしくないの? 今や日本の報道機関は国家情報統制局の支部になりさがっているようだ。』

 

 

疑問に感じた事を140文字では言い切れずに2回に分けてツイートした。
当時、テレビに出てくる学者は原発政策を推進してきた、所謂、御用学者ばかり。
チェルノブイリとは違います。という言い回しは、丁度そのチェルノブイリ原発事故当時にも繰り返し聞いたフレーズ。
当時はこうだった。
日本の原子炉ソ連の原子炉とは構造が違いますから、日本ではチェルノブイリのような事故は起こり得ません」
実際にはチェルノブイリを超える事故が起きてしまった訳だが、悪びれもせずテレビに登場して喋りまくる彼らに対して強烈な不快感を覚えた。
少し後になるが、何処かの国で原発建設への反対運動が起こり、それに対してその国の政府は「フクシマとは型が違うので安全です」と説明したとか。
人間は本当に愚かだと思う。

 

〜 原発事故 その時、僕らは…