原発事故、その時僕らは…

原発事故に関する情報記録サイト

Results for tag "安全デマ"

風評被害?

ラバ 0 Comments

風評被害?

 

2011年5月18日のつぶやきより

『子供の給食に不安の残る福島県産を使わないでほしいって願いが、「風評被害」だと非難される訳がわからん。危険(かもしれない)ものを避けようとするのは当然の行動だと思うが。』

 

風評被害、この言葉が原発事故以来、今も盛んに使われている。
そして「子供の給食の安全」を願う声さえも、風評被害という言葉で封じ込められてきた。
しかし、子供たちにより安全、より安心な食べ物を回す、という事は当たり前の事ではないか?
危険がはっきりしているものだけを最小限度に制限して、あとは黙って食べろと言う。
おかしくないか?
そもそも風評被害という言葉で誰が得をしたんだろう?

 

『福島県産のものが売れなくて大変なのは分かる。だけどその責任は消費者じゃなくて政府、東電が負うべきもの。騙されちゃダメだ!消費者にリスクを押し付け食べさせるなど論外。さっさと政府・東電が全量買い取るべき。』

 

放射性物質が環境中に撒き散らされたという実害風評被害と言い替える事で救われたのは決して農家や漁業者、日本の食を担ってきた一次産業に従事する人たちではない。
実害に苦しむ彼らに本来ならばお詫びとともに補償するべき国や東京電力にとって、風評被害と言う言葉ほどありがたいものは無かったはずだ。
この言葉を振りかざして被害を認めず、補償の額も、対象も、絞りに絞ってきた彼らこそ、風評被害という言葉に救われてきた。
風評被害と言う言葉を口から発する度に、彼らを救っている事になると、心に銘じたい。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

専門家、とは?

ラバ 0 Comments

専門家、とは?

 

2011年5月17日のつぶやきより

『最初からメルトダウンしていたって事は、東電、保安院、テレビの先生たちは「ウソをついていた」「無能だった」のどちらかという事になるよね?どちらにしても今後テレビで偉そうなこと言ったりしてもだれも信用しない。』

情報の操作ぶりは徹底していた。
メルトダウンに言及した中村幸一郎審議官は会見から消え、文官の西山氏に説明させる徹底ぶり。
そしてテレビには相変わらず 専門家 たちが登場し、メルトダウンを否定し、チェルノブイリとは違うと強調し続けた。

テレビの前の僕らは原子力についてほとんど知識を持ち合わせておらず、胡散臭さを感じ取りながらも、 専門家 たちの話に耳を傾けざるを得なかった。

広瀬隆さんがこんな事を言っている。

 

『テレビに出てくる先生たちについての広瀬隆さんの見解。その通りだと思う。 「原発震災を警告もできなかったような人間が、専門家ヅラをして、よくもテレビに出て、恥ずかしくもなく事故の解説ができるものだと、あきれるばかり…」』

まさにその通り。
しかし、僕らにはあまりにも知識が無かった。
事故の解説をシャアシャアとつづける原子力ムラの住人たちの言葉に必死に耳を傾けた事が今となっては滑稽だ。

それでも気づいた人たちは学び始めた。
新聞を変え、講演会に参加し、インターネットで情報を集める。
多くの人たちと出会い、学び、専門家 たちのウソにだまされない知識を身につけた人は増え続ける。
もう騙されてはいけない。
そう、騙される事に対する責任を感じ取らなければならない。
僕らは、未来に対して、責任があるのだから。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

放射能汚染「証明されるべきは、危険?安全?」

ラバ 0 Comments

証明されるべきは、危険?安全?

 

2011年5月16日のつぶやきより

『危険である根拠?何のために?必要なのは安全である根拠じゃないのか? RT @thoton: これを読んで下さい。チェルノブイリの避難基準は5ミリシーベルト t.co/fGNwNHf @ 20ミリシーベルトが危険である根拠ってなんですか?』

 

あなたが道ばたで見つけたキノコ。

有毒が証明されない限り、食べますか?

無毒が証明されない限り、食べませんか?

原発事故以来、Twitterのタイムライン上で度々遭遇した、危険を立証しろ という論理
自分自身を守るため、日本の子供たちを、愛する大切な人たちを守る為に必要な事はどちら?

危険の立証? それとも 安全の立証?

有毒が証明されない限り得体の知れないキノコを食べてしまうような人とは議論にならない。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

子供の被曝「子供を弾よけに使う政治?」

ラバ 0 Comments

子供を弾よけに使う政治?

 

2011年5月15日のつぶやきより

『そういうことはノーマスクで現地入りしてから言ってほしいよ。完全防備の腰ぬけ幹事長さん?ww RT @basilsauce @genpatsu_news 民主・岡田幹事長、現在停止中の原発について「安全基準見直しのうえ運転再開すべき」 dlvr.it/Rm9Fn 』

 

微量です、念のためです、直ちに影響はありません
繰り返された言葉。
しかし、枝野幸男岡田克也、政治家たちの福島入りは物々しいものだった。
今でも探せばでてくるだろうフルアーマーと揶揄された完全防備で一瞬の現地訪問。
そして東京へ帰ってくると「安全です」と記者会見。

 

『結局ゲロするんならハナから隠さなきゃいいのに… RT @bijyu1224: 3月11日18時頃には1号機の炉心は全露出し、炉内温度は2800度』

 

彼らは「安全じゃない」事をよく知っていたのだろう。
こんな危機的な状況が東京電力だけの社外秘になっていたとは思えないから。
原子力安全保安院も、経済産業省も、政府民主党も。

 

『ドン・キホーテ? RT @FlowerySkull: 日本はもう狂っとる @webrebelde @gatemara NHKニュースで、福島の小学生が応援団の学ラン着て「福島は負けない!」みたいな事を体育館で叫んでた。放射能には勝てないんだから、「逃げるが勝ち」で避難させるべき。』

 

しかし、だったらなぜこんな事をさせる?
どうして子供たちだけでも避難させない?
一体この国は誰のため、何のためにあるんだろう?
政治家たちが口にする言葉、国を守る、国防、安全保障…
守られるのは僕ら国民じゃない、子供たちじゃない。
そう思えてくる出来事が続いた。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

国家の詐欺「病は気から?その一方で研究材料に…」

ラバ 0 Comments

病は気から?その一方で研究材料に…

 

2011年5月13日のつぶやきより

『病は気からの暴論。RT @moriyukogiin: 今日の部会の資料は酷かった。資料が悪すぎると他の議員も指摘。 100mSvの被曝でもリスクは大したことがないという趣旨の…「心配しすぎてしまうと、かえって心身の不調を起こす」という日本小児心身医学学会などなど。』

タバコをやめたがらない人がこねる屁理屈。
「我慢する方がかえって体に悪いんだ…」
そんな言い訳が頭に浮かんだ。
まるで病は気からとでも言うかのような暴論。

 

『引っ越した人を追跡する仕組みも…という報道がありました。RT @unkoiro: もはや、データ取りのためにわざとやっている…「福島県民全員に協力してもらって何十年にもわたる疫学調査が必要」とても日本で起きていることとは思えないですね。 bit.ly/iyVf8A 』

一方で政府は死神博士・山下俊一を福島に送り込み、疫学調査の名の下に壮大な人体実験の準備を始めた。
人体実験とは言い過ぎか?
いや、人体実験だろう。
なにしろ危険な場所に人を留め置いて経過を調査するというのだから。

なぜ逃がさない?

なぜ?なぜ?なぜ?

 

以下は 氷室隆 @himurotakasi さんのツイート。

『名指しは避けたが、「福島原発事故は放射線被曝研究の世界的なメッカになると喜んでいる研究者たちがいる」と武田邦彦氏。ことし新設された福島県立医大放射線学科、特任教授は長崎大山下俊一氏。人体実験で悪評の米国ABCC人脈の方医研、方影研が疫学調査で全面バックアップ。核戦争のための研究。』

恐ろしいほど腑に落ちる。。

悪魔、死神。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

学者の矛盾「山下俊一の逆ギレ」

ラバ 0 Comments

山下俊一の逆ギレ

 

2011年5月13日のつぶやきより

『死神博士山下俊一逆切れ質問「じゃあ子供たちどこに避難させますか?あなたは?」そういう問題じゃないと思うが。なぜそれをインタビュアーに聞く? http://bit.ly/kb72bX 』

『しつこいようだが、これは絶対許せない。必ず責任を追及されるべき。放射線リスクアドバイザー(?)山下俊一。こいつの安心デマで警戒感を緩められ放射線量の高い公園で子供たちを遊ばせる親たち。http://bit.ly/kb72bX 

 

リンクを踏む事は無駄だ。
とっくに削除されている。

この国では都合の悪い情報は徹底的に隠しまくるらしい。

山下俊一の言葉、「じゃあ子供たちどこに避難させますか?あなたは?」
ここには重大なカギが含まれている。

つまり彼は子供たちを守る為に福島にやってきた訳ではない。
政府の都合を守る為にやってきたのだ。

本来なら、子供たちを守る事を第一に考え、逃がす必要があるならその方法を検討する様に政府に働きかけるのが彼の役割のはずだ。
もしも子供たちを守る為にやってきたのなら。

自分の孫まで引き合いに出して、彼が守ろうとしているのは一体なんなのか?

今からでも遅くはない、山下俊一を信じ、福島県内に留まる決断をした全ての人たちに、もう一度、考えてみる事を促したい。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

原発事故備忘録「原発事故を巡る政治家と天皇」

ラバ 0 Comments

原発事故を巡る政治家と天皇

 

2011年5月11日のつぶやきより

『一人完全防備で手袋したまま握手をする人。傘を畳んで雨に濡れながら死者を悼む人。同じ福島での出来事です。 http://bit.ly/k02uBr http://bit.ly/jwsI27 』

 

二つのリンクがある。
一つは削除されている。

片方のリンクには、原発事故現場から50キロと離れていない被災地を訪問した天皇皇后の記事。
雨降る中、傘をたたみ死者を悼む黙祷を捧げるお二人の様子が写真に収められている。

他方のリンクには、やはり現地を訪れた民主党幹部が、出迎える人々と握手を交わす写真が掲載されていた。
防護服姿と、普通の防災服姿の入り交じる現地の人たちに対し、完全防備で手袋も取らずに握手をしている、なんとも失礼な姿が印象的だった。
これだけ腰の引けた現地訪問の後で、安全安全と記者会見を行っても説得力に欠けるだろう。

しかし、なんとも対照的なニュース
強く印象に残っている。

削除されたリンク?
もちろん後者であることは言うまでもないだろう。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

安全デマ「チーム中川の安全プロパガンダ」

ラバ 0 Comments

チーム中川の安全プロパガンダ

 

2011年5月11日のつぶやきより

『しかも内部被曝は考慮されていない。RT @mikihiyamada:@savefukushimaa 東大病院放射線治療チームは「人体に被ばくの影響が出てくると言われている線量は100ミリシーベルト(累積)です。」低線量被曝のリスクを無視 http://bit.ly/dWklOb 』

 

リンク先は東大のチーム中川のブログ。
東大の中川恵一准教授はよく知られた原子力ムラの住人だ。
ブログからは事故直後の3月に東京都の水道水から放射性ヨウ素が検出され、ペットボトルの飲料水が配られる騒ぎを沈静化する為の安全安心プロパガンダが読み取れる。

ところで、2年経った今、東京に生活する人たちの、いったいどのくらいが毎日飲む水の安全性を気にしているんだろう?

かつて、原子力ムラは 放射能は絶対漏れないから安全安心 と喧伝し、不安を口にする日本国民を騙してきた。
そして、放射能が大量に漏れてしまった今、今度は放射能なんて怖くない、影響は無いと喧伝し、日本国民を再び騙し続ける。

残念な事に、その努力は相当程度、成果を収めてきた。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

子供の被曝「子供に20mSv、文科省と安全委員の擦り合い!」

ラバ 0 Comments

文科省と安全委員の擦り合い!

 

2011年5月11日のつぶやきより

『これが現実。福島の親たち全員に見てもらいたいですね。公園の放射線量!文科省と安全委員の擦り合い!長崎の悪魔 http://bit.ly/kb72bX 』

 

残念ながら、この動画も削除されている。
福島県で開かれた説明会に出席した文部科学省原子力安全委員会の担当者に親たちが詰め寄るシーンが収められていた。

子供に20mSvを容認したのは誰なんだ!
詰め寄る親たちに文科省担当者は「原子力安全委員会のアドバイス」と言い、それを聞いた原子力安全委員会の担当者は即座に否定。
原子力安全委員は誰もそんな数値は認めていない」と発言、荒れる会場から逃げる様に退席する担当者たち。。

そんな場面の動画だった。

誰が?
誰の為に?
顔無き決定者。
恐ろしい国だと感じた。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

被曝の強要「山下俊一語録は尽きる事がありません」

ラバ 0 Comments

山下俊一語録は尽きる事がありません

 

2011年5月10日のつぶやきより

『戦犯の一人だな。 RT @kamitori: RT @ayamaru626: 放射線リスクアドバイザー山下長崎大教授「基準値に耐えられなければ逃げれば」とインタビューに言い捨てる。子供の健康リスク軽減ではなく、行政のリスク軽減のためのアドバイザー。 @itoshunya: 「とく』

 

開き直りともとれる、山下俊一・福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの言葉。

この人の講演を聴いた事が無い人は、是非一度、お聴きになる事を勧めたい。
穏やかで紳士的な語り口、そしてその中に、ぞっとさせるような冷たさが漂う。
ジャンルとしてはモダンホラーだと思う。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…