原発事故、その時僕らは…

原発事故に関する情報記録サイト

Results for tag "子供の被曝"

風評被害?

ラバ 0 Comments

風評被害?

 

2011年5月18日のつぶやきより

『子供の給食に不安の残る福島県産を使わないでほしいって願いが、「風評被害」だと非難される訳がわからん。危険(かもしれない)ものを避けようとするのは当然の行動だと思うが。』

 

風評被害、この言葉が原発事故以来、今も盛んに使われている。
そして「子供の給食の安全」を願う声さえも、風評被害という言葉で封じ込められてきた。
しかし、子供たちにより安全、より安心な食べ物を回す、という事は当たり前の事ではないか?
危険がはっきりしているものだけを最小限度に制限して、あとは黙って食べろと言う。
おかしくないか?
そもそも風評被害という言葉で誰が得をしたんだろう?

 

『福島県産のものが売れなくて大変なのは分かる。だけどその責任は消費者じゃなくて政府、東電が負うべきもの。騙されちゃダメだ!消費者にリスクを押し付け食べさせるなど論外。さっさと政府・東電が全量買い取るべき。』

 

放射性物質が環境中に撒き散らされたという実害風評被害と言い替える事で救われたのは決して農家や漁業者、日本の食を担ってきた一次産業に従事する人たちではない。
実害に苦しむ彼らに本来ならばお詫びとともに補償するべき国や東京電力にとって、風評被害と言う言葉ほどありがたいものは無かったはずだ。
この言葉を振りかざして被害を認めず、補償の額も、対象も、絞りに絞ってきた彼らこそ、風評被害という言葉に救われてきた。
風評被害と言う言葉を口から発する度に、彼らを救っている事になると、心に銘じたい。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

求めているのは、当たり前の事

ラバ 0 Comments

求めているのは、当たり前の事

 

2011年5月17日のつぶやきより

『当たり前のことをしてくれない政府。世界がビックリする非情な基準を子供たちに押しつける政府。本当に怖ろしいです。人の顔が見えない。RT @neneyu: 国ってみんなの税金で成り立ってるの。みんなの健康を害することはしないで当たり前でしょう』

みんなが健康で、がんばって仕事をして、幸せな暮らしを続けて、税金を納める。
こうして成り立つのが国であるはず。

みんなの健康を守るって、ごくごく当たり前の事のはずなのに、原発事故以来、国がしてきた事は、そして我々国民が受け入れてきた事はどうだろう?

子供たちを危険な高線量の地域に住まわせ続け、経済の名の下に、株主や政治家、一部の人たちの利益を優先し被害者達を放置する。
危険な放射能が降り続ける地域を除染する?
除染しても除染しても後から後から降ってくるのに?

しかも除染は誰がしている?
加害者が責任を持って除染しているのか?

違う!
被害者である地域住民が半ば強制的に駆り出され、被曝しながら除染している。

除染が必要だと言う事は汚染していると言う事。
ならば汚染地域から人々、子供たちを避難させ、
除染して安全を確保した後に住ませる。

これが当たり前の事なんじゃないのか?

「みんなの健康を害することはしないで当たり前でしょう?」という問いかけに強く同感した。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

放射能汚染「証明されるべきは、危険?安全?」

ラバ 0 Comments

証明されるべきは、危険?安全?

 

2011年5月16日のつぶやきより

『危険である根拠?何のために?必要なのは安全である根拠じゃないのか? RT @thoton: これを読んで下さい。チェルノブイリの避難基準は5ミリシーベルト t.co/fGNwNHf @ 20ミリシーベルトが危険である根拠ってなんですか?』

 

あなたが道ばたで見つけたキノコ。

有毒が証明されない限り、食べますか?

無毒が証明されない限り、食べませんか?

原発事故以来、Twitterのタイムライン上で度々遭遇した、危険を立証しろ という論理
自分自身を守るため、日本の子供たちを、愛する大切な人たちを守る為に必要な事はどちら?

危険の立証? それとも 安全の立証?

有毒が証明されない限り得体の知れないキノコを食べてしまうような人とは議論にならない。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

政治家の責任「削除されたツイート」

ラバ 0 Comments

削除されたツイート

 

2011年5月15日のつぶやきより

『単なる能なしならさほど害はないが、能なしが政治家になると害をもたらす。間違いに気づいて発言を削除したなら訂正を出してほしい。RT @niwayamayuki@phantomlovers @kingo999 @kumikouki 滋賀の人に責任とってもらいましょう。』

 

原発事故の発生以来、民主党を含む政治家の多くがTwitterでの情報発信を積極的に行っていた。
しかしその無責任さが怒りをかった例も多々ある。
この民主党林久美子文部科学大臣政務官の様に。
知っていたにせよ、知らなかったにせよ、日本の政治家が日本を、日本の子供たちを守ろうとしないのは本当に腹立たしい。

 

『【林久美子】この発言が削除されています。何故? @kumikouki おはようございます。放射線量の基準についてなど、事実確認もせず、虚偽の噂を流布している方々を見受けます。政治が子どもの安全を損なうことをするわけがない。冷静な判断こそが求められるのは言うまでもありません。』

 

この方はまだ年も若く、小学生の子供を育てているお母さん。
きっと、子供にとっては優しい、大好きな、お母さんなのだろう。
しかし、彼女には日本の子供たちを守るという意思は感じられない。
自分の子供を守るのに精一杯な普通のお母さんではない。
立派な肩書きを持った日本を動かす政治家の一人として、なぜ同じ子供を持つお母さんたちの気持ちを代弁して戦わないのか?
選挙の際に、子供を持つ親だとか、中小企業の経営者だとか、スポーツ選手出身だとか、様々な立場の人たちを選ぶ事で、様々な人たちの思いを代弁してくれるなんて考えるのは無意味な事なんだろう。

それにしてもこの発言はツッコミどころが満載だ。

事実確認もせず、虚偽の噂を流布している方々を見受けます

事実確認をした上で、虚偽の情報を流していたのはあなた達だ!

政治が子どもの安全を損なうことをするわけがない

この人は歴史を学んだ事が無いのだろうか?
あまりに脳天気すぎる発言で言葉が無い。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

子供の被曝「子供を弾よけに使う政治?」

ラバ 0 Comments

子供を弾よけに使う政治?

 

2011年5月15日のつぶやきより

『そういうことはノーマスクで現地入りしてから言ってほしいよ。完全防備の腰ぬけ幹事長さん?ww RT @basilsauce @genpatsu_news 民主・岡田幹事長、現在停止中の原発について「安全基準見直しのうえ運転再開すべき」 dlvr.it/Rm9Fn 』

 

微量です、念のためです、直ちに影響はありません
繰り返された言葉。
しかし、枝野幸男岡田克也、政治家たちの福島入りは物々しいものだった。
今でも探せばでてくるだろうフルアーマーと揶揄された完全防備で一瞬の現地訪問。
そして東京へ帰ってくると「安全です」と記者会見。

 

『結局ゲロするんならハナから隠さなきゃいいのに… RT @bijyu1224: 3月11日18時頃には1号機の炉心は全露出し、炉内温度は2800度』

 

彼らは「安全じゃない」事をよく知っていたのだろう。
こんな危機的な状況が東京電力だけの社外秘になっていたとは思えないから。
原子力安全保安院も、経済産業省も、政府民主党も。

 

『ドン・キホーテ? RT @FlowerySkull: 日本はもう狂っとる @webrebelde @gatemara NHKニュースで、福島の小学生が応援団の学ラン着て「福島は負けない!」みたいな事を体育館で叫んでた。放射能には勝てないんだから、「逃げるが勝ち」で避難させるべき。』

 

しかし、だったらなぜこんな事をさせる?
どうして子供たちだけでも避難させない?
一体この国は誰のため、何のためにあるんだろう?
政治家たちが口にする言葉、国を守る、国防、安全保障…
守られるのは僕ら国民じゃない、子供たちじゃない。
そう思えてくる出来事が続いた。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

食品汚染「生産者の苦しみ」

ラバ 0 Comments

生産者の苦しみ

 

2011年5月15日のつぶやきより

『生産者も苦しんでいる。悔しい気持ちが伝わってくるコメント。RT @rokutousei3: デモに参加した時の茨城の農家の方の演説。「風評被害ではない。政府がこれだけ隠蔽してて、まだ安全だと信じる人間は馬鹿。私は百姓の誇りがあるから売れない。買ってくれなくていい…』

 

生産者の心境を察すると本当にやるせない気持ちになる。
自ら被曝させられ、生活の手段を奪われ、さらには内部被曝拡散の片棒を担がされようとしている。
安全は誰が保証する?
下手くそな隠蔽を繰り返す政府の保証と生産者としての誇り、良心、生活していかなければならないという現実…

はっきりしている事がある。
事故後の基準値は事故前の基準値とは別物。
つまり、
事故後の安全は事故前の安全とは別物
それで胸をはって安全と言い切れる人がいるだろうか。

しかも、生産したものが放射能に汚染されているとしたら、それを生産した人は、生産過程において当然の事ながら被曝している
彼らの健康と、暮らしと、生き甲斐を、一体誰が、どのように補償する、補償出来るというのだろう。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

国家の詐欺「病は気から?その一方で研究材料に…」

ラバ 0 Comments

病は気から?その一方で研究材料に…

 

2011年5月13日のつぶやきより

『病は気からの暴論。RT @moriyukogiin: 今日の部会の資料は酷かった。資料が悪すぎると他の議員も指摘。 100mSvの被曝でもリスクは大したことがないという趣旨の…「心配しすぎてしまうと、かえって心身の不調を起こす」という日本小児心身医学学会などなど。』

タバコをやめたがらない人がこねる屁理屈。
「我慢する方がかえって体に悪いんだ…」
そんな言い訳が頭に浮かんだ。
まるで病は気からとでも言うかのような暴論。

 

『引っ越した人を追跡する仕組みも…という報道がありました。RT @unkoiro: もはや、データ取りのためにわざとやっている…「福島県民全員に協力してもらって何十年にもわたる疫学調査が必要」とても日本で起きていることとは思えないですね。 bit.ly/iyVf8A 』

一方で政府は死神博士・山下俊一を福島に送り込み、疫学調査の名の下に壮大な人体実験の準備を始めた。
人体実験とは言い過ぎか?
いや、人体実験だろう。
なにしろ危険な場所に人を留め置いて経過を調査するというのだから。

なぜ逃がさない?

なぜ?なぜ?なぜ?

 

以下は 氷室隆 @himurotakasi さんのツイート。

『名指しは避けたが、「福島原発事故は放射線被曝研究の世界的なメッカになると喜んでいる研究者たちがいる」と武田邦彦氏。ことし新設された福島県立医大放射線学科、特任教授は長崎大山下俊一氏。人体実験で悪評の米国ABCC人脈の方医研、方影研が疫学調査で全面バックアップ。核戦争のための研究。』

恐ろしいほど腑に落ちる。。

悪魔、死神。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

原発と科学「ペトカウ効果とホルミシス効果」

ラバ 0 Comments

ペトカウ効果とホルミシス効果

 

2011年5月12日のつぶやきより

『「内部被曝の脅威」ちくま新書 にペトカウ理論が紹介されている。著者は広島で被爆した医師。 RT @mug314: ペトカウ理論か、覚えておこう。 QT @yoshitaka_w: 必読! #genpatsu RT @blackcat009http://bit.ly/lfxyUA 』

 

ペトカウ効果という言葉をご存知だろうか?
ひとことで言うと、
長時間の低線量放射線被曝の方が短時間の高線量放射線被曝に比べ、はるかに生体組織を破壊する」(Wikipediaより)
という事だ。

放射能は身体にいい、という正反対の主張で使われるホルミシス効果という言葉とセットで記憶に留めて欲しい。

この理論に基づけば、何ミリシーベルトだから安全、という主張は全て覆ってしまう。

低線量被曝は身体にいいとするホルミシス効果
低線量被曝は身体に大変危険とするペトカウ効果

どちらを信じるかは人それぞれなのかもしれない。
忘れてはならないのは低線量被曝に関しては諸説があると言う事だ。

ホルミシス効果を信じて低線量被曝は身体にいいと考えるのは自由。
しかし、その結果を刈り取るのは自分自身と自分の愛する人、子供、かけがえのない健康だという事を忘れてはならない。
そして、それを他人に押し付ける事は論外だ。

ペトカウ効果に興味のある方は、広島長崎の被爆者に寄り添い、内部被曝と戦ってきた良心の医師、肥田舜太郎医師の著作 内部被曝の脅威 をぜひご一読されたい。

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

安全デマ「チーム中川の安全プロパガンダ」

ラバ 0 Comments

チーム中川の安全プロパガンダ

 

2011年5月11日のつぶやきより

『しかも内部被曝は考慮されていない。RT @mikihiyamada:@savefukushimaa 東大病院放射線治療チームは「人体に被ばくの影響が出てくると言われている線量は100ミリシーベルト(累積)です。」低線量被曝のリスクを無視 http://bit.ly/dWklOb 』

 

リンク先は東大のチーム中川のブログ。
東大の中川恵一准教授はよく知られた原子力ムラの住人だ。
ブログからは事故直後の3月に東京都の水道水から放射性ヨウ素が検出され、ペットボトルの飲料水が配られる騒ぎを沈静化する為の安全安心プロパガンダが読み取れる。

ところで、2年経った今、東京に生活する人たちの、いったいどのくらいが毎日飲む水の安全性を気にしているんだろう?

かつて、原子力ムラは 放射能は絶対漏れないから安全安心 と喧伝し、不安を口にする日本国民を騙してきた。
そして、放射能が大量に漏れてしまった今、今度は放射能なんて怖くない、影響は無いと喧伝し、日本国民を再び騙し続ける。

残念な事に、その努力は相当程度、成果を収めてきた。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

食品汚染「南足柄の茶葉から基準値超えセシウム」

ラバ 0 Comments

南足柄の茶葉から基準値超えセシウム

 

2011年5月11日のつぶやきより

『葉物野菜は洗ってから測ってたらしいけど、お茶は洗えないからバレちゃったんでしょうかね? RT @torrecolombaia: 南足柄の茶葉から基準超えセシウム 回収・出荷停止へ http://ow.ly/4RUtU 首都圏も本当に生活できるエリアなのだろうか?』

 

南足柄市は神奈川県西部、静岡との県境に位置する人口4万人余りの町。
ここで採れたお茶の葉から基準値を超す放射性セシウムが検出された事を憶えているだろうか?

福島 → 危険
群馬 → 危険
茨城 → 危険
静岡 → 安全?

本当かな?
個別に、緻密に、測定しなければ何処の何が危険か、そうでないかは判断出来ない。
そして事故から2年、市民を守る体制は整備されて来たと言えるのだろうか?

基準値を引き上げ、基準値以下です、を繰り返す事以外に、どんな対策が採られて来たのだろうか。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…