原発事故、その時僕らは…

原発事故に関する情報記録サイト

子供の被曝「子供を弾よけに使う政治?」

子供を弾よけに使う政治?

 

2011年5月15日のつぶやきより

『そういうことはノーマスクで現地入りしてから言ってほしいよ。完全防備の腰ぬけ幹事長さん?ww RT @basilsauce @genpatsu_news 民主・岡田幹事長、現在停止中の原発について「安全基準見直しのうえ運転再開すべき」 dlvr.it/Rm9Fn 』

 

微量です、念のためです、直ちに影響はありません
繰り返された言葉。
しかし、枝野幸男岡田克也、政治家たちの福島入りは物々しいものだった。
今でも探せばでてくるだろうフルアーマーと揶揄された完全防備で一瞬の現地訪問。
そして東京へ帰ってくると「安全です」と記者会見。

 

『結局ゲロするんならハナから隠さなきゃいいのに… RT @bijyu1224: 3月11日18時頃には1号機の炉心は全露出し、炉内温度は2800度』

 

彼らは「安全じゃない」事をよく知っていたのだろう。
こんな危機的な状況が東京電力だけの社外秘になっていたとは思えないから。
原子力安全保安院も、経済産業省も、政府民主党も。

 

『ドン・キホーテ? RT @FlowerySkull: 日本はもう狂っとる @webrebelde @gatemara NHKニュースで、福島の小学生が応援団の学ラン着て「福島は負けない!」みたいな事を体育館で叫んでた。放射能には勝てないんだから、「逃げるが勝ち」で避難させるべき。』

 

しかし、だったらなぜこんな事をさせる?
どうして子供たちだけでも避難させない?
一体この国は誰のため、何のためにあるんだろう?
政治家たちが口にする言葉、国を守る、国防、安全保障…
守られるのは僕ら国民じゃない、子供たちじゃない。
そう思えてくる出来事が続いた。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>