原発事故、その時僕らは…

原発事故に関する情報記録サイト

食品汚染「生産者の苦しみ」

生産者の苦しみ

 

2011年5月15日のつぶやきより

『生産者も苦しんでいる。悔しい気持ちが伝わってくるコメント。RT @rokutousei3: デモに参加した時の茨城の農家の方の演説。「風評被害ではない。政府がこれだけ隠蔽してて、まだ安全だと信じる人間は馬鹿。私は百姓の誇りがあるから売れない。買ってくれなくていい…』

 

生産者の心境を察すると本当にやるせない気持ちになる。
自ら被曝させられ、生活の手段を奪われ、さらには内部被曝拡散の片棒を担がされようとしている。
安全は誰が保証する?
下手くそな隠蔽を繰り返す政府の保証と生産者としての誇り、良心、生活していかなければならないという現実…

はっきりしている事がある。
事故後の基準値は事故前の基準値とは別物。
つまり、
事故後の安全は事故前の安全とは別物
それで胸をはって安全と言い切れる人がいるだろうか。

しかも、生産したものが放射能に汚染されているとしたら、それを生産した人は、生産過程において当然の事ながら被曝している
彼らの健康と、暮らしと、生き甲斐を、一体誰が、どのように補償する、補償出来るというのだろう。

 

原発事故備忘録 〜 原発事故 その時、僕らは…

 

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>